シェアする

東京は北千住は、クラフトビールの天国だった。

シェアする

東京都北千住。と言えばどんなイメージだろうか?

上野などは近いが、観光のイメージはあまり無いだろう。

そんな北千住だが、行ってみるとクラフトビールの天国だったことが判明した。

北千住駅へ

まずは北千住駅に行こう。

北千住駅は、東京メトロ千代田線、日比谷線、JR常磐線、東部線、つくばエクスプレスとたくさんの路線が走っており、東京の中心部から遠いイメージだが、割と楽にアクセス出来る。
また、駅にはルミネやらマルイもあり、なかなか発展している。

であって、駅の周辺には商店街もあり、なかなか良い雰囲気である。

2017蟷エ螟柔170830_0123

さかづきBrewingへ

まずは東口方面にある「さかづきBrewing」に向かおう。

ここは、店内で醸造したビールが呑めるお店。

緑色の扉が目印の、小さなお店だ。

2017蟷エ螟柔170830_0108

13時開店なのだが、12:50頃に行くと既に列が出来ていた。

呑めるビールはタップの上の黒板に書いてある。

では早速ビールを注文。

2017蟷エ螟柔170830_0116

ぐびっ。

2017蟷エ螟柔170830_0114

うま。

2017蟷エ螟柔170830_0115

おつまみでポテトサラダを注文。

2017蟷エ螟柔170830_0111

そして、ソーセージ盛り合わせ。

2017蟷エ螟柔170830_0110

いや、最高じゃないですか?

そのあともいくつかビールを注文。

2017蟷エ螟柔170830_0118

夏をテーマにしたヴァイツェンもあったり、自家醸造のビールも何種類かあった。

小さいお店ながら、自家醸造のビールを何種類作っているようで満喫できた。

クラフトビールの角打ちびまマへ

2件目は西口方面にあるびあマへ。

びあマは酒販店と立ち飲みバーが一緒になったお店だ。

びあマのある西口は、東口と打って変わってディープな雰囲気が漂っている。

2017蟷エ螟柔170830_0089

なかなか良い感じじゃない?

そんな西口の飲み屋街を進んでいくと、カラフルな外壁の建物が見えてくる。

2017蟷エ螟柔170830_0105

なんともおしゃれ!なこのお店が「びあマ」だ。

中に入ると、手前にタップ有りの立ち飲みバー、奥に冷蔵庫がたくさん立ち並んでいる。

2017蟷エ螟柔170830_0099

冷蔵庫には様々な国のビールが並んでいる。

ここは天国か。。。

店内でビールを飲む方法はふたつで
①バーでビールを注文。タップから注ぎたてのビールを味わう。

②冷蔵庫から好きなビールを取って、グラス代を払って注いで飲む。

せっかくなので、①の注ぎたてのビールと、②の冷蔵庫の瓶ビールを両方楽しむことにした。

タップから呑めるビールは、この日はベアード・ブルーイングのビール。

2017蟷エ螟柔170830_0094

タップのビールの酒類は日によって違うとのこと。

メニューはSNSなどで最新の情報をチェックしよう。

冷蔵庫から選んだビールはスコットランドのクラフトビール「BREWDOG」のパンクIPA。

栓を開けてもらって飲む。

2017蟷エ螟柔170830_0095

たまたま店内に貼ってあるポスターと一緒だった!

2017蟷エ螟柔170830_0091

こちらもまたうまし。

びあマでは、もちろんビールを買って帰るのもOK。

お気に入りのビールを見つけて、家でまったり飲むのも最高だ。

いかがだっただろうか?

観光のイメージのない北千住、実はクラフトビール好きにとっては天国のような場所であった。

都内でアクセスも良いので、是非気軽に行ってみて欲しい。

著者プロフィール

すぎもん
すぎもん
神奈川県藤沢市出身、東京育ち。両親が高知県四万十市生まれで、四万十川が心のふるさと。
ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代はアメリカ横断したり海外は20ヵ国以上旅したが、最近は疲れるのでもっぱら国内。
「トラべろマガジン」を運営している。
スポンサーリンク
traveloのレクタングル(大)
traveloのレクタングル(大)

シェアする

フォローする