シェアする

小田急線の狛江~登戸でクラフトビールに日本酒を楽しもう

シェアする

こんにちは。すぎもん(@suginomoto73)です。

新宿から小田原、箱根などを結ぶ小田急線。

東京と神奈川の境目あたりに位置する狛江~登戸あたりがトラべろでアツいエリアだということで、行ってきた。

そうはいっても狛江、登戸どこやねん?

まず、狛江・登戸ってどこ?

遠いの?じゃあ行かない。

という意見を払しょくするためにアクセスについて書いておく。

場所はこの辺。多摩川の近くですね。

新宿駅からは急行に乗ると電車で20分くらい。

意外とサクッと行けるぞ。

「Beer Cellar Tokyo」へ行こう

まずは駅から徒歩10分ほどのクラフトビールのお店「Beer Cellar Tokyo」へ向かう。

駅からすぐのところに、行列の出来るコッペパンのお店があった。

DSCF4655

買って食べながら歩きたいな~。と思ったが、おなかがいっぱいだったので次の機会に。

途中、やけに人が多いな。と思ったら、地域のお祭りだったようだ。

DSCF4657

小さい市の祭りだが、お店も出てたり、家族連れがたくさんいて楽しい雰囲気だ。

なかなかいい町だな、狛江。

そんなこんなで歩いていると、ナビが示す場所にたどり着いた。

DSCF4673




マンション?

場所間違えたかな?

そう思って近づいてみると、

DSCF4658

「クラフトビール販売中」の文字が。

どうやら着いたようだ。「Beer Cellar Tokyo」さん。

DSCF4659

店内は、ビールを売っている冷蔵ショーケースと、タップから注ぎたてのビールが飲める立ち飲みカウンターがあるだけのコンパクトなお店。

DSCF4660

タップからは、10種類のビールを楽しめる。

DSCF4662

早速、カウンターでビールを注文。

サイズは普通とハーフの2種類。

DSCF4665

日差しの入る立ち飲みカウンターでサクッと頂く。

DSCF4666

DSCF4664

お手軽に飲めて良い。

この日はオープンを間近に控えた自家醸造施設を見学させてくれた。

DSCF4667

DSCF4668

人のよいオーナーさんと、気軽に飲めるクラフトビールのお店。リピート確実です。

Beer Celler Tokyo – 東京都狛江市

Beer Cellar Tokyo、東京都 狛江市 - 「いいね!」565件 · 114人が話題にしています · 126人がチェックインしました - オレゴン州のクラフトビールを中心に扱う酒屋です。ボトル、缶、グラウラー(量り売り)販売。有料試飲あり。

ビールとグリル料理が楽しめる「Spicarbo(スピカルボ)」

Beer Celler Tokyoを出て、駅に向かっていると、ひときわ店前が賑やかなお店が。

DSCF4682

グリル料理と国内外のクラフトビールを楽しめるお店「Spicarbo(スピカルボ)」だ。

外のみが出来るカウンターがついていて、地元の人たちがビールを飲んでいる。

DSCF4675

地域に根付いた良いお店だ。

店内はカウンターと、奥にはテーブル席もある。

DSCF4679

早速注文。この日はベアードブルーイングのビールを。

DSCF4678

うまし。

DSCF4680

グリル料理のお店ということで、お肉を注文。

DSCF4681

ポークリブや、ラムチョップなど、フードメニューも豊富なので、ここで腹を満たしていくと良さそうだ。

スピカルボ – 東京都狛江市

スピカルボ (狛江/バル・バール)★★★☆☆3.53 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

駅から遠いが行く価値あり。「籠屋ブルワリー」へ行こう

お次はちょっと駅から離れた場所に向かう。

狛江駅南口のバス停から、市バスに乗って「駒井」バス停まで移動する。10分ほど。

観光バスで無い、市バスに乗って移動するのもなかなか乙だ。

バス停についたら、住宅街と畑のど真ん中。

DSCF4683

間違えたか、、、と思ったが、ちょっと歩くとお洒落な建物が見えてきた。

DSCF4684

ガラス窓からは、ビールの醸造樽も見えている。

DSCF4686

ここで間違いない様だ。

いざ、店内へ。

DSCF4685

落ち着いていて、ピカピカの店内。

DSCF4688

DSCF4687

ここは、酒屋さんが新しくオープンしたお店。

酒屋さんがやっているだけに、豊富な種類のお酒が楽しめる。

ピカピカのタップが格好いい。

DSCF4692

クラフトビールと日本酒を注文。

DSCF4689

DSCF4690

日本酒は三種の日本酒の飲み比べセットだ。

ちょっとお店を見学させてもらった。

外に出ると、2階に上がる階段が。

DSCF4693

屋上部分がテラス席になっている。

DSCF4695

夏はテラス席で外を眺めながらビールを飲むと最高だろう。

隣には、大元の酒屋さんがあるので、帰りにちょっと寄ってみた。

DSCF4698

店内にはめちゃめちゃ大量のお酒が。

DSCF4700

都内でも酒のみには有名な酒屋さんらしい。

帰りは酒屋さんでお土産を買うと良いだろう。

因みに、入り口から見えたビールの醸造樽について聞いてみると、今醸造所を建設中らしい。
(2017年12月オープン)

オープンすると、狛江産のホップを使ったビールも飲めるようになるのだとか。

また、飲みに行ったら記事を上げようと思う。

籠屋ブルワリー – 東京都狛江市

籠屋ブルワリー、東京都 狛江市 - 「いいね!」273件 · 7人が話題にしています · 32人がチェックインしました - 手間を惜しまず、丁寧なビール造りをしています。併設のレストランで、できたてのビールを提供しています。 (狛江駅・和泉多摩川駅から喜多見住宅行きバスで「駒井バス停」下車)

ちょいと電車に乗って登戸の「クラフトビア・ムーンライト」へ

狛江からちょっと離れるが、2駅隣にも店内醸造のビールを楽しめるお店があるとのことで行ってみよう。

登戸駅から徒歩10分ほどのところにある「クラフトビア・ムーンライト」だ。

DSCF4708

店内はテーブル席が主で、キャッシュオンで1杯から手軽に手作りビールが楽しめるお店。

DSCF4714

お店の奥で醸造しているビールが複数種類楽しめる。

DSCF4709

このお店の特徴はなんといっても、クラフトビールの安さ。

DSCF4720

見えるだろうか?右の方の料金表を見てみると、

Sサイズ=300円~、Mサイズ=300円~、Lサイズ=500円~

といった感じの安さ。

早速カウンターに行って注文。

DSCF4711

これがSサイズのビール。

DSCF4713

これが、Mサイズ。

DSCF4712

グビッ。

DSCF4716

私が飲んでいるこのビールはSサイズとMサイズが同じ料金で300円。

なんで?

ちょっと味が淡白で薄かったが、飲みやすい。

濃い目が好きな人は、色が濃いビールを注文した方が良いだろう。

もちろんおつまみもある。

ベーコンを注文。うん、ビールに合う。

DSCF4719

いつもと違うビールを安くたくさん飲みたい人はぜひ行ってみて欲しい。

クラフトビア・ムーンライト – 神奈川県川崎市

飲み過ぎたら生田緑地でちょっと散歩

登戸には、生田緑地という大きな公園緑地がある。

藤子・F・不二雄ミュージアムがあるところと言ったら分かる人もいるだろうか。

DSCF4705

広大な敷地では、秋には紅葉を楽しむことが出来、夏には蛍も見ることが出来るらしい。

都内ながら、こだわりのクラフトビールが飲める狛江、登戸。

ビール好きの人はぜひ行ってみて欲しい。

著者プロフィール

すぎもん
すぎもん
神奈川県藤沢市出身、東京育ち。両親が高知県四万十市生まれで、四万十川が心のふるさと。
ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代はアメリカ横断したり海外は20ヵ国以上旅したが、最近は疲れるのでもっぱら国内。
「トラべろマガジン」を運営している。
スポンサーリンク
traveloのレクタングル(大)
traveloのレクタングル(大)

シェアする

フォローする