シェアする

東京下町で地ビールも飲める!外国人も満足な「谷根千巡り」が楽しい

シェアする

「谷根千」という言葉をご存じだろうか。

「知っとるわ!生粋の江戸っ子やぞ!」という人はごめんなさい。

「谷根千」とは、東京のエリアの名前で「谷中」「根津」「千駄木」という東京の文京区~台東区にある地域の総称のこと。

東京の下町情緒の残る地域で、まち歩きにピッタリの地域なのだ。

東京でぶらぶらしながら地ビールを楽しめるので、おすすめプランを紹介したい。

谷中ぎんざで商店街ぶらり

まずは「日暮里」駅から谷中ぎんざを目指そう。

「谷中ぎんざ」といえば、東京でも有名な商店街。

s_shoutengai

コロッケや焼き鳥など、お惣菜を買って食べ歩きが出来る。

もちろんビールも飲めるぞ。

コンパクトな商店街なので、歩き疲れずに楽しめる。

「上野桜木あたり」

谷中ぎんざの後は、瓦と土を交互に積み重ねて作った土塀「築地塀」で有名な観音寺方面に向かおう。

この「築地塀」周辺も風情があってよい。

観音寺から少し行くと、古い日本家屋風の建物が見えてくる。

それが古い三軒家をリノベーションした複合施設「上野桜木あたり」だ。

s_atarifront

静かな住宅街を歩いていると突然現れる。

s_atarishop

ビアホールやベーカリー、雑貨店、コミュニティースペースも入居している。

s_yanakabeer

「谷中ビアホール」では、ここでしか飲めない谷中ビールと、

土鍋を使った「和のBBQ」が楽しめる。

s_ataribeer

これが谷中ビアホール限定の「谷中ビール」。

その他にもIPA等いくつかの種類のビールが楽しめる。

s_atariniwa

分かりづらい場所にあるが、中庭は外国の方も多くいた。

中庭でビールを飲みながら、隣の人とおしゃべりするのもいいかもしれない。

もちろんひとりでのんびり味わうこともできるぞ。

台東区上野桜木に『上野桜木あたり』がオープン。昭和13年築の日本家屋が現代に蘇りました。ビール、パン、塩とオリーブ、ファッション等のお店とレンタルスペースと住居が路地や庭でつながった、東京でもユニークな複合施設。上野桜木の「とき」と「おもい」を味って頂ける場所です。」

つつじで有名な根津神社に行こう

「根津神社」は約3,000株のつつじが咲き誇る「つつじまつり」で有名な神社だ。

つつじがない季節でも、立派な社殿は見る価値ありだ。

s_yanesen

こんな鳥居群もあるぞ。

東京の下町で、商店街・地ビール・神社を楽しめるコース。

都内に住んでいて、あまり遠出したくない人にはオススメかも知れない。

体力に余裕があったら、上野も近いので、

アメ横をぶらついて、上野公園でのんびりするのもいいかもしれない。


Twitterをフォローして頂けると、最新情報が届きます。

Facebookページにいいね!を押して頂けると、最新情報が届きます。

著者プロフィール

すぎもん
すぎもん
神奈川県藤沢市出身、東京育ち。両親が高知県四万十市生まれで、四万十川が心のふるさと。
ばあちゃんが民宿をやっていて、旅行が大好き。学生時代はアメリカ横断したり海外は20ヵ国以上旅したが、最近は疲れるのでもっぱら国内。
「トラべろマガジン」を運営している。
スポンサーリンク
traveloのレクタングル(大)
traveloのレクタングル(大)

シェアする

フォローする